山下智久がフレンズ オブ ザ ハウスに就任したモエ・エ・シャンドンの醸造最高責任者ブノワ・ゴエズ氏が来日し、山下とメゾンについて語り合いました。

ブルガリ ホテル東京で開催されたスペシャルなペアリングディナーで実現したトークセッションで山下は以下のようにコメントし、メゾン創業280周年を祝福しました。

「メゾンに訪れた際は、シャンパーニュの歴史や自然に本当に感動を受けました。モエ・エ・シャンドンのシャンパンを飲む度に、メゾンに行ったときのことを思い出します。グラン ヴィンテージは、その年その年で全く異なる個性があり一つ一つがとても際立った特徴があることが印象的でした。

『神の雫』をきっかけに、ワインやシャンパンについて勉強を始め、もっともっと冒険してみたくなりました。シャンパンは、普段、大事な仲間と一緒に食事と合わせて楽しむことも好きです。撮影でモンパルナスに行った際に、あるレストランで食べたシンプルな魚料理とシャンパンのマリアージュに感激したりもしました。

モエ・エ・シャンドンは、その場の雰囲気を良いものに変えてくれる力を持っていると思います。友人や家族とのお祝いの場や、自分にとってスペシャルな時に楽しみたいです」

Benoit Gouez, Chief Brewer of Moët & Chandon, who was appointed Friends of the House by Tomohisa Yamashita, came to Japan to discuss the Maison with Yamashita.

During the talk session, which took place at a special pairing dinner held at the Bulgari Hotel Tokyo, Yamashita made the following comments and congratulated the Maison on its 280th anniversary.

” When I visited the Maison, I was truly moved by the history and nature of Champagne. Every time I drink Moët & Chandon champagne, I remember my visit to the Maison. I was impressed by the fact that the Grand Vintage has a completely different character from year to year, and each vintage has its own very distinctive characteristics.

I started to learn more about wine and champagne after reading “Kami no Shizuku,” and I wanted to explore more and more. I also like to enjoy champagne with meals, usually with my dear friends. When I went to Montparnasse for a photo shoot, I was impressed by the marriage of champagne with a simple fish dish I had at one restaurant.

I think Moët & Chandon has the power to change the atmosphere of a place for the better. I like to enjoy it at celebrations with friends and family, or on special occasions for me.”

FANCLUB

山下智久の
公式ファンクラブサービス

ここでしか見られないオリジナルコンテンツ、
未公開のプライベート写真や映像など
皆様に喜んでいただけるコンテンツを配信してまいります。

©2022 High Hope Entertainment

本サイトに記載のテキスト、画像、映像など
すべてのコンテンツについて、
許可なく転載することを固く禁じます。