世界中で愛され、日本のワインブームに火を付けた日本の伝説的大人気漫画『神の雫』(作・亜樹直 画・オキモトシュウ/講談社)を、仏英日の多言語ドラマシリーズ「Drops of God」として実写ドラマ化することが8月24日に発表されました。

山下智久が演じる役は聡明なワイン評論家・遠峰一青(とおみね いっせい)。この作品で海外ドラマ初主演を果たします。
世界規模の壮大なスケールで描かれる繊細な人間ドラマ「Dorps of God/神の雫」(仮題)は2022年世界同時放送&配信、日本ではHuluで独占配信予定です。

■山下智久のコメント
「神の雫」という壮大であり、繊細な、僕にとってのワイン学のバイブルでもあるこの、作品に出演させていただく事をとても嬉しく光栄に思います。
ワインの魅力や奥深さ、そして人間模様、様々な要素が複雑に絡み合い、成り立つ奇跡を皆様に感じてもらえるよう、真摯に作品作りに向き合って参ります。
自分史上最長期での、海外での撮影ですが、海外チームと心一つに同じ気持ちで、より良いものを作れるよう切磋琢磨していきます。
そして僕自身も、遠峰一青という役を通して成長できるよう頑張ってまいります。
完成を楽しみに待っていてください。

番組概要
番組タイトル:「Drops of God/神の雫」(仮題)【全8話】
放送&配信日時:2022年世界同時放送&配信(予定)/日本ではHuluで独占配信

▼「Drops of God/神の雫」公式サイト
https://www.hulu.jp/static/drops-of-god

▼公式Twitter:@dropsofgodHulu
https://twitter.com/dropsofgodHulu

▼公式Instagram:dropsofgod_hulu
https://www.instagram.com/dropsofgod_hulu

FANCLUB

山下智久の
公式ファンクラブサービス

ここでしか見られないオリジナルコンテンツ、
未公開のプライベート写真や映像など
皆様に喜んでいただけるコンテンツを配信してまいります。

©2021 High Hope Entertainment

本サイトに記載のテキスト、画像、映像など
すべてのコンテンツについて、
許可なく転載することを固く禁じます。